まっすぐにこじれるおたくな日々。

基本情報:あらしのにのさんおたく。でれたり毒はいたり。その他、オプションで漫画やら猫やら。三十路を歩き始めたぐーたら女です。

二宮和也の役回り。

お久しぶりです。私は元気です。

 

今朝方発表された二宮くんの新しいお仕事情報!

映画ひゃっほ~う!!

 

 

…んん!!??!

 

えっ、キムタク!!?!?!

 

新時代の幕開け~~~フゥ~~~!!!

 

などと両手を上げて喜んでいました。

ジャニヲタ的には夢でありタブーでもある共演ですよね?

ワクワクが止まらないですよね?

恒例何度目かの「観るまで死ねない」

 

二宮くんのお仕事では、満たされるのが本業の歌とダンス、ありがたいのがバラエティ、高まるのが演技仕事という位置付けなんですけど、これは高まりすぎる案件ですよ…ヲタクの妄想レベルの共演じゃん…。

 

本当に、映画本編から共演時のエピソードや番宣出演まで、考えただけで楽しみが過ぎて、一番の感情はうれしい楽しい大好きなんですよ。

 

 

ですけど、二宮和也の役回りについて考えてしまうこともあるわけで。

昔から、嵐の中ではリスクを負うポジションの先頭に配置される感を感じていたんですけど。事務所の駒にされてる感?なんともいえない感覚ではあるんですけど。どこか引っ掛かっていたわけです。

損な役回りというか、守られないというか。

信頼の裏返しでもあるのかもしれないけど、半沢くらいの骨太な組織ロマンを感じるわけです。

 

そして今回の件、ぜったい事務所の戦略がありますよね?

もちろん、リスクだけじゃなくて、経験としては価値があるしリターンも大きいお仕事だとは思うんですけど、これからゴシップ記事や過激派事務所アンチと化した方々の餌食になることは間違いないわけで。

それは二宮くんの経歴や評価に直接影響するレベルのものではないんだけど、それに晒されるファンの精神衛生的には!

 

ファンの精神衛生的には!!

 

決して健康的ではありませんよ…!

 

ニノ担だけじゃなくて、キムタク兄さんのファンの方々もそうだと思うんですけど。むしろ、そちら側の方が晒される悪意の数は圧倒的に多くなってしまうのだろうと思いますけど。お互いに心労が大変ですね!

個人的に、二宮くんには事務所絡みのゴタゴタをネタにしてガンガン笑いをとったり、二宮節でぶった斬ったりしてほしいと勝手に願っていたので、今回の共演で自由度が減ってしまいそうなのは少し残念。

でもまあ、二度とない素晴らしいエンターテイメントな共演なんですから、アホみたいに喜んで享受しよ~。

仲良くやりましょうね~。

徳を積んでいきましょうね~。

 

ごちゃごちゃ考えても結論はただただ楽しみ~!!!

ワクワク!!!

 

 

 

…ワクワクといえば、今年は6月17日当日にワクワク学校がありますね。

今年も後輩助手くんがいるから、お祝いの可能性は薄いけど、行きたいなぁ。

当たるといいなぁ。

憧れの半裸。

こんばんは。

 

昨日のしやがれ。

奥さんご覧になりました?

 

櫻井翔の見事な肉体美。

 

筋肉隆々な背筋。

厚みのある胸板。

割れた腹筋。

 

そりゃあ映すよね!

ナレーションつけるよね!

 

いや~ひょろくてぽにょい二宮くんが好きな私でもあの背筋はさすがに興奮した。

いいなぁ、筋肉がっていうより、半裸が堂々と放送されることが羨ましいなぁ。

 

私はやっぱりひょろくてぽにょい二宮くんが好きで、ひょろくてぽにょい二宮くんの半裸を拝みたいんだけど、彼、全然映されない。

結構脱いでるほうだと思うけど、清純派か?って角度でしか映されない。

 

ドラマやバラエティで風呂に入ってても肩までしっかり浸かってる。(あったかいね)

 

半裸表紙に定評のあるananに出てもきっちり服を着てる。(あったかいね)

 

最近では暗殺教室卒業編の半裸詐欺ね。PR番組や予告では半裸で検査を受けてた死神さん。ふたを開けて見たら服着てるっていうね。ハハッ。

あぐりとのシーンでは半裸だったけど薄暗いし触手うごうごしてるしでよう見えんかったしね。ハハッ。

 

なんなのかな。事務所NGなのかな。

直近の堂々とした半裸はデジタリアンDVD?

あれは珍しく腹筋割れてる期だったから事務所のGOが出たのかな?

鍛え上げられた肉体でないとダメっていう考え、もうやめませんか?

ひょろくてぽにょい肉体が拝みたいんだよ私は!!

いいじゃん!かわいいじゃん!

 

脱いでよ!

見せてよ!

残してよ!

 

ほとんど変質者の叫びだけど、やっぱりどんな体であろうと自担の半裸が見たいのがヲタってもんだと思うよ。

若い時の鍛えられた半裸は残ってるから、今のひょろくてぽにょい半裸も手元に残したいんだよ。

 

見たいな~。見たいな~。

 

届け、この想い。

 

 

マイベスト二宮’s例えコメント

あけましておめでとうございます。

 

年末年始の出演番組はしっかりとチェックして楽しんで、仕事始めして、レギュラーも再開して、もうすぐ2月。

ほんとジャネーの法則恐ろしい。

今のところ新たな嵐情報はなく、レギュラーだけでまわってるから、平穏なあらライフ。

 

のはずが、何故か一部で物議を醸してるらしい、ベイストでの四天王話。

残ってるデビュー組グループを上から数えたら嵐も上の方になってきた、という流れから出た、不良学校の四天王の例え。

何の疑問も持たず聞き終えたいつものベイストだったから、急に取り上げられてビックリだよね。

いつものベイストですやん。

いつもの例え話ですやん。

 

でも、もしかしたら、ベイストを聞いているニノ担はその二宮節のインパクトに慣らされ過ぎているのかもしれない。

特にネットニュースなんかはお前聴いてないやろレベルで、その言葉だけを切り取って書くから余計に煽られるってこともあるだろうけど、二宮くんのヘリクツ満載の例え話は確かにインパクト大。

ニノ担がニコニコしながらノートにまとめてる二宮部屋の設定とか、お給料はおにぎり設定とか、取り上げるならそっちをヨロシクとも思うけど、二宮くんの恐れを知らない悪魔コメントは確かにアグレッシブ。

 

ファンでないと分からない意味や、文字で見たら誤解されることも多い二宮コメントだけど、ひねくれてて真っ直ぐで面白くて大好きなので、そっとしといて欲しいと願うヲタ心。

二宮くん自体はどうぞ勝手に解釈してくださいスタンスだけど、誤解が大きくなったら自由度もそれなりに下がってしまうと思うので、二宮くんの一撃必殺なコメント力は守っていきたい。

ベイストは記事にしてくれるな。ヲタの間でウフウフと楽しむだけのものだ。

 

 

でもせっかく話題になった例えコメントなので、私の心に残っているマイベスト二宮’s例えコメントを発表します。

 

 

【最優秀賞】「ババアの乳首じゃねぇか」

2006年、Gの嵐。自由度の高かった嵐深夜時代。色々な食材でぬか漬けを作ってみるという企画で、イチゴのぬか漬けを食さねばならなくなった二宮くんが、萎れたそれを手にして放った一言。

これは色褪せることなく未だ私の心に刻まれていますね。アイドルらしからぬ、ブラックでガツンと面白くて的確で斜め上のコメント。私はここで二宮和也のバラエティ能力を確信した。

10年経ちますが、未だに覚えてるという点で、敬意を込めて大賞にしました。

 

 

【優秀賞】「ちょっと知恵つけたゴリラの朝食」

2015年、嵐にしやがれ。俳優の鈴木亮平さんがはまっているという、納豆とバナナを混ぜ合わせたものにトーストした食パンをディップするという食べ方の実演を見て一言。

俳優さんのキャラクターとの親和性、子供も喜ぶゴリラというワード、言い得て妙な例え。ブラックなだけじゃない、こんな可愛い例えもできるのですよ。

 

 

【特別賞】「総合案内所」

2007年、情熱大陸ジャニーズ事務所を例えた言葉。

歌、ダンス、お芝居、バラエティ…色々な仕事をやらなければいけないアイドルという職業。なるほどなぁと納得した一言でした。二宮くんの例え力が発揮されるのは、バラエティで面白おかしくするためだけではない。

 

【新人賞】「高須クリニックの社長」

2017年、嵐ツボ。ドバイの砂漠でラクダに乗る相葉さんの写真を見て、標題のCMに例えて一言。

まだ一ヶ月足らずの2017年から選んでみました。今年も絶好調。

 

【入賞】「たこ焼き落っこっちゃった」

2010年、嵐にしやがれ。仲良しのおじさん高橋克実さんが松田優作さんの有名なシーンを再現したのを見て一言。お腹を撃たれて、ベリーショートな頭をあらわに倒れ込んだ様子を表現しました。

あれ以来、高橋克実さんがたこ焼きにしか見えません。

 

 

パッと思い浮かぶ印象に残っているコメントだけでもまだあるので、掘り起こしたらもっとあるんだろうな。

これからも恐れを知らない二宮トークを期待します!今宵はベイスト!

 

 

 

'161216また今日と同じ明日が来る@ナゴヤドーム

昨日、あゆはぴコンに行ってきました!

以下、とりとめのない感想とレポのような思い出記録です。

ネタバレ注意報発令です。

 

 

 

~~~~~~~~~~~

 

まず最初に長文感想を吐き出さずにいられないのが、二宮和也ソロ曲「また今日と同じ明日が来る」。

 

神ってた。

 

神を見たよ。

 

WONDER-LOVEからの、あの雨が降りだしたようなイントロが流れ出した瞬間に、会場中が静まり返った。あの張りつめた冷たい空気は、嵐のコンサートだということを忘れるくらい。

スポットライトに照らし出された二宮和也の姿に、その場にいた全員が金縛りにでもあったように、じっと一挙一動を見守ってて。

「そんな日々が懐かしくて」とプラチナデータみたいに歌うところは、肘を抱えて、目を閉じて、なんだろう、色気が凄まじくて、私は呆然としてしまいました。悲鳴を上げてた人もいました。

あの場に居合わせられたかけがえのない時間、つくづく幸せでした。

 

曲の世界観に、自分の世界の内側に、観客を一気に引き込む力。

これぞ二宮和也の真骨頂です。

このソロ曲だけで3万円くらいの価値があると思う。

 

ダンスも、二宮和也たるダンスで、最高でした。

影に隠れたり、倒れ込んだり。

一心不乱に踊る二宮和也の美しさは尋常じゃない。

なんというか、ただのダンスじゃないんだよ。

表現する、伝える、造り出すダンス。

表情も含めた、二宮和也ダンス。

ずっと見ていられるし、ずっと見ていたい。

もう一生ステージの上で悲しく踊っていてくれとすら思ったよ。

 

良席ではなかったので、双眼鏡で追いかけていたんですが、最後、ステージ奥に歩いていって、奈落にすっと落ちていって。

あぁ、消えちゃった。もう終わりなんだ、と思いながらステージを泣きそうになりながら見つめてたら、何故かまた前の方から二宮和也が同じように歩いていて。

たぶんあの人、時間を操れる。

変調や間の多い曲だけど、変調したら時間の経過速度が変わるし、間の部分は時間が止まるし。

えっ、なんで?って近くの男の人が呟いてたよ。

不思議だったなぁ。

 

暗転して曲が本当に終わった瞬間、それまで息も聞こえてこなかった会場が、金縛りが解けたようにざわめいた。

私も緊張が解けて、思わずへたりこんでしまいそうなほどの感覚だったよ。

あの数分間、一体どれだけの人が二宮和也に惑わされてたろう。

 

二宮和也はなんであんなに魅力的なの?

 

二宮和也はなんであんなに特別な人間なの?

 

色々あったけど、やっぱり全部ひっくるめて二宮和也だ、全部ひっくるめて二宮和也が大好きだ、と改めて心に深く釘を打たれました。1打でコーンとね。

なんだろう、無音の暗闇の中、気配もなく、突然後ろから肩を叩かれるような、それこそ呪いのようなパフォーマンスだった。

もしもあの会場に、今回のコンサートをもってヲタ卒しようとか担降りしようとかいう決意で来ていた人がいたとしたら、絶対に無理だったことでしょう。

後ろからぬっと現れて、本当に忘れられるの?って穴のような瞳で問われてるような…ほんといっそホラーなんだけど、本当にそんな感覚だったんですよ。

背後からひたひたと…引きずられるようなさ…怖いな~怖いな~。

 

おそるべし、二宮和也

全面降伏だよ。

 

ほんと、どれだけ期待値を上げておいてもいいと思います。

ここまで書いといてなんだけど、事前情報なしで、ネタバレなしで見るのが良いと思います。

 

うん、長いねソロ曲だけで感想が。

でも言いたいことの半分も伝えられてないと思う。

帰りの新幹線でもずっとリピートして聴いてて、まだずっと尾を引いてますから。

余韻がハンパじゃない。

早くDVD。禁断症状でしぬ。

 

 

もちろん、ソロ以外も最の高でした。

HAPPYと言わざるをえない。

 

いくつか覚えておきたいことを箇条書きしておきます。

 

・Love so SweetのJソロパート、Jが王子のように二宮くんに手を差しのべる。シンデレラのようにそっと手をとる二宮くん。最後は手を取り合ったままルンルン跳ねてハッピーエンド。末長くお幸せに。

・Love so Sweetの「明けない夜はないよ」は相変わらず肩回して準備して臨んでました。

・MCは、昨日何してたかという話題。年賀状イベントに参加していた大野さんとJ。

・他メンバーの仕事を知るパターンとして、事前に知っているパターンと、テレビで見て知るパターンがあるという翔さん。今回二宮くんは、相葉さんからの連絡で知るというニュータイプ。3パターン目ができましたと教えてくれる翔さん。

・二宮くんは、ニノさんの収録を遅くまでしていたそう。それに対し翔さんが「あぁ、」と何か言いかけて、やめる。メンバーが「ん?」と話を聞こうとするも、「やっぱいい、ほら、遅かったって聞いてたから」と歯切れの悪い返答。二宮くんも「うん」と言い淀んだ感じのスルー。これはあやしい。磁石あやしい。たぶん一緒に住んでる(飛躍)。

・お客さんにサンタの格好してる人いるねという話題に。クリスマスだね、から安定の相葉さんお誕生日おめでとうございますの流れにするTOP。一応おめでとうございまーすと流すように言うツンデレさん。早いなと首をかしげる相葉さん。うん、正論。

・ジュニア数人の紹介。名字に「岸」がつく率が高い。まだやってない相葉さんのソロのネタバレをかます岸なんとか君。自転車?サーフボード?とさらに掘り出そうとする嵐兄さんたち。

・映画の宣伝、ラストレシピの話題。天才料理人という役柄だと説明する二宮くん。料理人の役多いよねと言う何でも把握してる男、櫻井翔。見習い、見習い、ときて今度は天才。美味しいとかじゃなくて、食べたらあとこれだけ塩が入れればいい、みたいな感じ。

・夜会のゲストできたディーンフジオカ氏がそんな感じだったから資料として映像を渡すと言う至れり尽くせりの男、櫻井翔

・残念ながら、もう2ヶ月くらい前に撮り終わってると言う二宮くんに対し、撮り直せばと言う勝手な人たち。二宮くん、それであればディーンフジオカにやってもらうという正論。

・ラストレシピの予告を見たという二宮くん。撮影中、監督が、このシーンかっこいいから予告用に撮ろうと突然言い出して撮ったことが何回かあったらしい。のに、見た予告では一切使われていなかったらしい。

・第67回紅白歌合戦Bot相葉雅紀

・青春ブギ。噂の色白もち肌俺の武器。手でハートを作って掲げる二宮くんベリベリキューティクル。

・MilesAwayの歌声。

・アンコール。床一面に散らばっているお花を選んでひとつ拾い上げてJに差し出す二宮くん。ゆっくりと受け取って胸ポケットに飾るJ。お返しにお花を拾って二宮くんに差し出すJ。感激したように受け取って同じく胸ポケットに飾る二宮くん。肩を組んで歌う。末長くお幸せに。

・ジュニアやバンドの紹介時、たくさんお花を拾って大野さんに持たせてあげるお花の妖精、二宮くん。でも大野さんは手を上げて全部落としちゃう。また拾って持たせてあげる。また落とされる。イッツ大宮ワールド。

・大野さんもひとつ花を拾い上げて二宮くんにあげようとするけど、叩き落とされる。イッツ大宮ワールド。

 

こんなところかしら。

全体的に幸せ空間、嵐らしさ全開のコンサートでした。心から楽しめました。

たぶん私の人生で一番幸せだった時間。

これだからやめられない!!

 

知る権利と知りたくない権利。

Stand Up!!が大好きだった。ショーちゃんとウダやんがバンド組む回が特に好きだった。

 

暗殺教室卒業編も最高だった。死神様が柳沢にモルモットにされるの、とても萌えた。

 

成宮くんの残した言葉が、とても悲しい。

 

 

 

「知らぬが仏」という言葉がある。

 
ざっくり、世の中には知らない方が幸せなこともあるよって意味だと思う。
 
ジャニヲタであれば痛いほど共感する言葉だろうと思う。
私も情報化社会が進みきった昨今においては、やばいと感じたら心のお寺に駆け込んで見ざる聞かざるを決め込むように心掛けている。
 
でも、自担のことならなんでも知りたい。できれば全部知りたい。
 
その欲望も、そう簡単に止められるものではないことはジャニヲタなら痛感するところだろうと思う。
知りたくて知りたくて調べたところで、それが嘘か誠か分からない。
行きついた先に待っていたものに、メンタルをボコボコにされる可能性も秘めている。
調べれば調べるだけ、分からなくなってくる。知ってるつもりだっけど、やっぱり知らなかった。
知れてよかった。知らなきゃよかった。
そんな繰り返し。
最終的に、多くは知りたくない境地に行き着く。
 
 
芸能人のプライベートは、大衆が知りたがっていることだから、あれこれ撮られて書かれて晒されて販売されても、しょうがないらしい。
有名税だとか、報道の自由だとか、表現の自由だとか、色々権利があるけど、それが許されている一番の理由が、「知る権利」だ。
皆が知りたがっていることだから、真実であれば、たれこみがあれば、あくまで疑惑であれば、記事にしていい。ひとつ真実があれば、悪意で盛ってもねじ曲げても、センセーショナルであれば皆が知りたがるから、書いてもいい。
 
皆が知りたがっていることだから、知らせてやってるんだ。
大衆の「知る権利」を守ってやってるんだ。
 
新聞や週刊誌、ネットニュース等のマスコミはそんな詭弁でどんどん芸能人のプライベートを晒していく。
 
 
だけど、じゃあ、好きな芸能人のプライベートなんて知りたくない人のことは、誰が守ってくれるんだろう。
 
「知りたくない権利」はないんだろうか。
 
私は、二宮くんのことを知りたいけど、それは二宮くん自身から与えられる情報、二宮くんがやった仕事、その成果、確実に二宮くんと一緒に仕事をした人たちの言葉、二宮くんがやった仕事をちゃんと見た人たちの評価から、自分なりに二宮くんを知りたいだけ。
名前も知らない姿も見えない関係者とか友人とか恋人とかを自称する人からの情報は知りたくない。もしもそれが真実だったとしても、褒め称える言葉だったとしても、知りたくない。知らせてくれるな。
 
そんな気持ちも守られるべきではないか!
人の不幸が大好きな人たちが暇潰しする権利よりも、誰かを好きになって応援してる人が悲しまない権利の方が大切じゃないか!
 
もちろん、犯罪であれば、事件であれば、報道されるべきだと思う。
だけど、誰にでも晒されたくないことはあるでしょ?知る必要がないこともあるでしょ?
そこは、一般人も芸能人も違いはない。
 
 
今回の報道について、真実は知らない。だって「疑惑」なんでしょ?
疑惑なら、ファンは、知りたくないよ。
警察にでも通報しろよ。
真実だった時に知らせてくれよ。
 
プライベートとか、セクシャリティとか、裏の顔とか、そんなことはもっと知りたくない。
ましてや、本人が心の底から傷ついて、絶望して、消えてしまうようなことを、ファンが望むわけない。
本人が話すならいいけど、他人が言い触らしていいことじゃない。
不愉快でしかない。
 
芸能人の仕事は表に出ることだけど、表じゃないところは表に引きずり出されるべきじゃない。
芸能人だって、一般人と同じようにプライバシーは守られるべきだと思う。
(その代わり、出演料はもっと安くていいと思うよ。無駄に高いから有名税とか言われちゃうし妬まれるんだよ。)
 
 
 
ファンの、知りたくない権利、守られないかなぁ。
 
知りたくなければ情報閉ざせよとか言われるんだろうけど。
全ての情報源を見ないわけにはいかないから、嫌でも入ってくるんだもん。
 
 
最近のマスコミは、大衆が知るべきこと、大衆が知りたいこと、大衆に知らせたいことのバランスを、配分を、間違えてると思うんだよなぁ。
悪いことを悪いことだと知ることも大切だけど。
世界中の人を幸せにするようなニュースを発信してほしいものだよ。
殊、芸能界については。
例え裏が汚い世界だろうが、表だけ見れたら大衆には何の問題もないんだから。汚かろうが綺麗だろうが、所詮私たちには関係ない世界なんだもの。(だからこそ好き勝手に報道しやすいんだろうけどさ)
裏を暴くなら、全国民に関係する政界とかにしてほしいものだわ。
 

かわいいからOK。

こんばんは。

 

私の目に映る二宮和也くんって、いつも信じられないほどかわいいんですよ。

かわいいから何をやっても何を言ってもかわいく見えるんですよ。

もしかしたら私の目だけにそう映ってるのかもしれないと考えちゃうほどかわいく見えるんですよ。

ちょっと自分のアタマ心配してたんだけど。

 

よかった。

幻覚じゃなかった。

 

Gackt氏によって証明された、「にのみーはかわいいからOK」という摂理。

あのサングラスが何でもかわいく見える秘密道具でもない限り、一流芸能人のGackt氏が言うんだから間違いないよね。

かわいいってすごい。

 

ところで、にのみーって呼び方かわいくないですか。

にのみやかずなりの汎用性は前々から定評があったけど、にのみーはやっぱ最強にベリベリキューティクルな響き!

二宮くんの呼び方って結構バリエーションがあるから、以下ちょっと覚え書きです。

 

 

【ニノ】

一番メジャーな愛称。メンバーとファンだけでなくマスコミ、芸能界の人たち、世間、幅広く使われてる最もシンプルでキャッチーでキュートな呼ばれ方。

 

【ニノさん】

冠バラエティを機に急激に伸びてきた愛称。出演した芸人さんやジャニーズの後輩君も呼ぶ。個人的に好きなのは、よわかて野球部員君たちが呼ぶ「ニノさん」。親しみの中にも尊敬がある日本人ならではの呼ばれ方。

 

【ニノちゃん】

主にメンバーが茶化したり可愛がったりテンションアップしたときに呼ぶちょいレアな愛称。愛しかない。たまに自分でニノちゃんとか言い出すからかわいい。

 

【ニノくん】

大人の男性からたまに呼ばれる愛称。プラチナデータの頃によく聞かれた印象。大友監督やトヨエツ氏が使っていたので個人的にはちょっとロマンを感じる好きなやつ。

 

【二宮くん】

世間とファンとジャニーズの後輩君が使う呼び名。苗字+くん付けでも十分かわいい不思議。ラノベではない。

 

【にのみー】

導入で述べたGackt氏の他にも、女優の田中美佐子さんやますおか岡田さんが呼ぶベリベリキューティクルな響きを持つ愛称。たまにメンバーの相葉氏や翔さんが呼んだりもする萌えの起爆剤。この呼び方をする人はたぶん二宮くんに好意を寄せている。

 

【カズ】

家族と嵐メンバーが呼んでるっぽい。愛と萌えのつまった、選ばれし者しか呼ぶことを許されない愛称。

 

【カズナリさん↑】

二宮くんがオラついてるとても面白い状況の時に、メンバーがそう呼ぶ。ちーっす。

 

【和也さん】

カズヤと間違われないようにという気遣いのもと、大女優・吉永小百合様がお呼びであらせられる尊い呼び方。

 

【カズナリ】

ハワイでリーダーが呼んでた。

 

【ニノカズさん】

本郷奏多先生がVS嵐で呼んでた。

 

【ニーノ】

ラジアンの山ちゃんが呼んでた。

 

【ニノニノ】

深キョン様が呼んでた。

 

【オシャベリカズナリ】

ひみつの嵐ちゃん

 

【スミス】

クリス。

 

【にのたん】

【にのたむ】

【にのみ】

【にのみん】

【にのみあ】

【教祖様】

【にのちゃ】

【にのち】

二宮和也

こじらせた魑魅魍魎が呼んでる。

 

 

私が把握する限りでもこれだけあるから、やっぱりにのみやかずなりの汎用性ってすごい!

もっともっとにのみやかずなりの可能性を広げていきたいですね。

 

LIFE IS HARD だけど HAPPY

こんにちは!

アルバムフラゲしましたよ!

 

Are You Happy?というだけあって、暗い曲とかコテコテのバラードは無いんだけど、かといって底抜けに明るい曲もほとんど無くて。ジャカジャカ系(貧しい語彙力)のオシャレなやつが多かったような印象。

Beautiful Worldとか僕の見ている風景のような感じ?

個人的にはビビッとくる曲はなかったかな。

これはコンサートがあんまり想像できないぞ。どんな感じになるのかなぁ。大人な嵐が見れそう。

 

なんて、あまり良いこと言ってませんが、これから聴いてくうちに好きになるというよくあるパターン。あくまでファーストコンタクトの感触。

なによりDon't You Get It は最高でしたよ。

なにあの多幸感。

MVだけでも満足できるレベルだけど、メイキングが眼福。

大人な嵐もいいけど、ワチャワチャもやっぱり捨てられないよ~!もっとちょうだい!

はあ、幸せここに極まれり。

 

 

そして、巷のヲタをザワつかせてるソロ曲ね。

 

ほんと君は抉るよね~!

 

いや、もうほぼ全快なんですけどね、全然全力で応援してはいるんですけどね。

悲しいものでこういうのは完全には治癒しないからさ…ちょっとしたことで血が噴き出たりするからさ…。

まっさらに純粋に萌えながら聴けるのは数年後かなっ。

 

まずアルバムタイトルの発表で、こういうテーマの時に、ド素直にHAPPYな曲を選ぶだろうかという疑念が湧き。だって二宮和也だからな~、POPがテーマのアルバムでピアノ弾き語りの死別ソングぶっ込むし、LOVEがテーマのアルバムでママハピバありがとソング披露しちゃう人だからな~、ははは~。と、考えることを止め。

収録曲の発表があった時に、曲名にほんの少し引っ掛かりを覚え。いやまさかね~、こういうタイミングでそんな自傷行為みたいな選曲しないよね~、ははは~、でも二宮和也だからな~、いっそ清々しいけどね~。と、全力でその予感から目をそらし、半ば祈る気持ちでフラゲ日を待ち。

 

 

結果、二宮和也なんだなぁ、君は。

 

HAPPYなだけで終わらないよなぁ。

 

 

いつからソロ曲を決めてたか知りませんし、クレ順からも雑誌のインタ記事からも作詞の基本はFox .i .eさんという方のようですし、深読みした所で楽しめないので深くは考えずニノソロコレクションにそっと加えておきますが。

数ヵ月前だったら確実に下痢してる案件です。

いいんだよ?攻めなくて。無難でいいんだよ?

 

 

こういう選曲1つに限らず、アカデミー賞のスピーチとかもそうだったけど、どうしていつも自分で叩かれる方に持っていっちゃうかな。

分からないけどね。

天の邪鬼とか言われてるけど、何も恐れずに本当に自分の気持ちに正直に生きているだけなのかもしれない。(それはそれでヲタ的にはしんどい)

本当になんの意図も無くて、取材で語るようなこねくりまわした二宮的思考を溢れさせてるだけかもしれない。(ヲタ的にはこの線にしておきます)

でも、もっと自己保身して欲しいなー。

余計なお世話だけど、そういうとこ心配してるよ私は。

もっと色々と大事にしてください。 

自分のために、とか言いつつ、そこはファンのためにもお願いしたい。いい加減、こちらも参っちまいますんで。

ないものねだりだけど、安寧なヲタ人生も送ってみたいものです。メンタル。

 

 

まあ、救いは滔々と弾き語られるバラード曲ではなく、踊ってくれるらしい曲という所ですね!

純粋にコンサートで見ることだけ考えたらクソほど最高な曲だよ!!

二宮くんのソロ曲としては今までに無い感じで、歌唱力も表現力も余すとこなく発揮しているし、どうコンサートでやってくれるのかワクワクが止まらない。

ギミゲに続く予感するよ。

いや、全く新しい二宮ソロが見れる予感。

Hello,New world.

きっと、演じるように踊るんだろうなぁ。どっぷり浸って会場を染め上げちゃうんだろうなぁ。

そこの期待だけはいつもハズレないから、グングン期待値上げときます。

コンサート楽しみだよコンチクショー。

分かってるよそうだよ好きだよコンチクショー。

 

12月早く来い。

全力で来い。